京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

復興期カンボジアの障がい者に対する国際援助政策の研究

国立リハビリテーションセンターで、無料で診察・提供される義肢装具。
義肢装具製作技師養成学校が併設されている。

対象とする問題の概要

 今日のカンボジアの障碍者福祉は、1980年代の人道支援を源流とし、1991年のパリ協定を皮切りとした国際援助とともに形成されてきた。カンボジア政府は、2014年からと2019年からの4年間、障碍者戦略計画を掲げ、障碍者の貧困削減や差別の禁止を目指している。しかしながら、現在も障碍者福祉は、外国のNGOや外国から支援を受けた現地NGOなどが一翼を担っており、例えば1994年に社会福祉・退役軍人・青年更生省(以下、MoSVY)と国際NGOが共同で設立した理学療法センターは、現在もその資金源の半分以上を国際NGO側が占める。このように、国際援助は、現在に至るまで紛争後の障碍者福祉を担ってきた一方で、支援の対象は国際的なトレンド(関心)を反映し、他の課題を軽視させる可能性が指摘されている。例えば、地雷問題への関心によって、障碍者への支援が地雷・不発弾の被害者としての身体障碍者に集中し、それ以外の原因による障碍者に対する支援が立ち遅れた[吉崎ほか 2006]。

研究目的

 本研究は、①現在のカンボジアにおける障碍者に対する支援の実態と、②復興期以後の障碍者への援助が「いつ/誰を対象に/どのような活動を通じて」なされたのかという動態と国際支援の関係を明らかにすることを目的とする。
 そのために、今回の渡航では、カンボジアで障碍に関連した活動を行うNGOや当事者団体から資料収集および聞き取りを実施した。市民団体に着目する理由は、障碍者福祉においてNGOの役割が大きいことに加え、NGOの分析により、国際的なトレンドと障碍者福祉の実態との相互関係を分析できると考えたためである。

Cambodian Disabled People’s Organizationのスタッフの皆さんと調査者

フィールドワークから得られた知見について

 現地調査中、障碍分野で活動する団体10件を訪問し、活動の見学と聞き取り調査を行った。内訳は、NGOとMoSVYが共同で運営する国立理学療法センター1件、現地NGO 7件、外国のNGO 2件である。調査日のうち1日は、現地NGOの1つが実施する障碍についての啓発ワークショップに参加した。また、国内で活動する団体の概要を把握するため、カンボジア開発研究機関(CDRI)の資料室にて、障碍者支援に関する資料を収集した。
 今回の聞き取りで、次の知見を得られた。第一に、国内で多様な活動を展開する各NGOは、障碍という大きな括りの中で密接に連携を取っている。例えば、身体障碍者の支援において、あるNGOが車椅子を支援することになった際、車椅子を製造している他のNGOに発注をするなどである。他にも、義肢製作技師を養成するNGOでは、卒業生を、義肢義足を提供する政府とNGO共同運営の理学療法センターに派遣・就職斡旋をするという連携がシステム化されていた。知的障害児の教育支援においても、複数のNGO間でノウハウの共有がなされている。
 第二に、確かに地雷被害者への支援は、内戦と地雷というショッキングな問題に呼応する形で寄せられた国際的関心が影響したが、現在のNGOの活動を観察すると、国際的な枠組みの方が強く影響していると言える。例えば、女性障碍者に対する暴力の撲滅とエンパワメントは、近年の障碍分野で最も注目されるトピックである[Astbury and Walji 2013]。実際に、この課題に取り組むNGOにもドナーがついていたが、これは「カンボジアの女性障碍者が抱える問題」について市井の関心が寄せられたためではなく、女性障碍者が開発分野において重要視され、取り組みの枠組みが決定されたためである。ただし、市井の関心もなく国際的な枠組みでも強調されない課題に関しては、ドナーが離れ、資金調達に課題を抱えている団体も複数あった。援助が国際的なトレンドに影響され行われてきたことの弊害は否めない。

反省と今後の展開

 今回の調査では、障碍分野で活動するアクターと繋がりを作ることができた。特に、NGO・当事者団体の統括機関Cambodian Disabled People’s Organization(以下、CDPO)のスタッフと複数回接触し、活動の参与観察も行ったことは、ここに加盟する75団体と繋がる際にも活かせるであろう。他方で、約5週間の渡航の中、調査目的を広く設定しすぎたため、目的に対し具体的な知見を示すことができなかった。特に、国際的トレンドに左右される国際支援が障碍者福祉に与える影響については、「国際的トレンド」を「世間一般の関心」と「地域や国家が重視する分野」などに細分化して考える必要がある。また、聞き取り調査は、件数を優先したためCDPO以外には一度しか訪問・聞き取りしていない。しかし、関係性がない中、調査者が直接的な質問をするだけでは回答を得られないことがあったため、次回の調査では活動現場の参与観察を含めて複数回訪問することで、より詳細な分析を行う必要がある。

参考文献

 吉崎基弥. 青山温子. 永井真理. 小林明子.2006. 「カンボジアにおける身体障害者支援の現状と課題」『Journal of International Health』21(1):43-51.
 Astbury, J. & Walji, F., 2013. “Triple Jeopardy: Gender-based violence and human rights violations experienced by women with disabilities in Cambodia.” AusAID Research Working Paper 1, 2013.

  • レポート:津田 理沙(2021年入学)
  • 派遣先国:カンボジア王国
  • 渡航期間:2022年7月2日から2022年8月5日
  • キーワード:身体障碍、地雷被害者、国際援助、NGO、義肢義足

関連するフィールドワーク・レポート

タンザニアにおける籾殻コンロの開発と普及に向けた実践的研究

対象とする問題の概要  タンザニアでは、都市人口の増加にともなってエネルギー需要が増大し、森林資源の減少が調理用燃料の慢性的な不足を招いている。その一方で、稲作の拡大によって大量の籾殻が産業廃棄物として投棄されるようになっている。この問題に…

インドネシア中部ジャワ農村地域における共有資源管理/住民による灌漑管理とその変容

対象とする問題の概要  インドネシア政府はこれまで多種多様な農村開発プログラムを実施してきた。特にスハルト政権下では、例えば稲作農業の技術的向上を目的としたビマスプログラムのように、トップダウンによる開発政策がおこなわれてきた。しかし、こう…

ブータン農村における教育の実態と課題

対象とする問題の概要  ヒマラヤ地域に位置する山岳国家・ブータンは、GNH(国民総幸福)というユニークな政策指針を掲げ、経済成長と文化保全や自然保護、福祉の充実などのバランスを重視した、国土の均衡ある発展を目指している。しかし、近年は農村か…

「外部の技術」はどのようにして地域に根付いていくのか/タンザニア都市部の零細鉄工所における実践研究

対象とする問題の概要  タンザニアの一般的な家庭では、今でも薪炭材を燃料に伝統的なかまどを用いて調理しており、都市人口の増加にともなうエネルギー消費の拡大が森林資源の荒廃を深刻化させている。それを受けて先進諸国では、効率的で節約性に優れた改…

タナ・トラジャの中山間地域の棚田とそれに関わる環境・文化・社会制度の研究 /棚田耕作者の生活に着目して

対象とする問題の概要  棚田とは山の斜面上や谷間の傾斜20度以上の斜面上に作られる水田のことを指す。棚田は平野が少ない中間山間地において、人々が食料を生産するために作り出した伝統的な農業形態である。しかし、棚田は一般的に耕地面積が狭い事や機…

ギニア共和国におけるフルベ商人に関する研究 /都市部における食肉流通に着目して

対象とする問題の概要  本研究の対象となるのは、ギニア都市部で経済活動に従事するフルベという民族である。フルベは西アフリカを中心に広く生活圏を築く民族であり、牧畜民として知られている。ウシをはじめ家畜に対して高い価値をおき、フルベの多くは、…