京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

Urban Traffic Management by Informal Workers: Analysing the Role of Tera Askebari in Megenagna Terminal, Addis Ababa.

Eastern section of research site (Megenagna terminal, south-eastern part). The tera askebari need to queue the passengers, minibuses, and mid-sized buses locally known as higer and ketekete.

Research background

  Tera askebari are terminal conductors and minibus queue keepers in Addis Ababa, Ethiopia. A high demand for curbing problems on paratransit business had encouraged street youth to gather themselves together to create an informal type of work as, tera askebari. Although their role is significant in minibus business, few studies have been conducted. Little research has mentioned tera askebari (Di Nunzio, 2014; ECCSA, 2009); moreover, the studies did not deeply scrutinise such workers’ livelihood, background, and their role in the transportation network.

Research purpose

  In this regard, through observing their activities, I attempted to determine their management and social roles in the paratransit business, specifically in Megenagna terminal in Addis Ababa.

Western section of research site. When there is a traffic jam, tera askebari control the traffic for a smooth flow.

Results/Achievements

  Based on my fieldwork, I determined that the tera askebari perform an important role in the modern public transportation sector, especially in private transportations lines such as with minibuses and mid-sized buses. Tera askebari not only work as queue keepers in the terminal but are also involved in many affairs happening in the terminal such as arbitrating, negotiating, and catching thieves. Second, I have found out the basic information of the group, such as a timetable and group composition. Third, the social relationship within minibus-based workers (driver, minibus attendant, tera askebari, and lamera [1]) has been determined as important in conducting the business. Lastly, I found out that the tera askebari use their own rules and autonomous systems to effectively manage the vehicles (Table. 1).


[1] Lamera refers to people who tout passengers in specific line on behalf of minibus attendant. They mostly serve the service for drivers who does not hire minibus attendant.

  This table shows the tariffs for different types of fare that the tera askebari and minibus attendants collect depending on the situation. It is found out that Minibus fare and the Sadi (tera askebari’s collecting fee by each minibus) changes according to the circumstances. For example, tera askebari collected higher fees from the minibus operators who commit fouls as well as at night-time.

Plans for further research

  For further research, I am planning to visit Ethiopia from the end of May to October 2020 for around 5 months. In the next fieldwork, I will continue to research the same theme; however, I will focus more on the social relationships between tera askebari and outside actors such as minibus operators, civil servants, police and street vendors.

  • レポート: Eunji Choi(Year of enrollment: AY2019)
  • 派遣先国:Ethiopia
  • 渡航期間:August 1st, 2019 to November 1st, 2019
  • キーワード:Tera Askebari, Terminal Conductor, Urban Transportation Business, Ethiopia

関連するフィールドワーク・レポート

DRコンゴ・ボノボとヒトの共生の場の人類学的研究

対象とする問題の概要  本研究の調査地であるワンバ(Wamba)周辺地域およびバリ(Mbali)地区は類人猿ボノボの生息域である。ワンバ周辺地域では1970年代からボノボの調査がはじまり、内戦時の調査中断とその後の再開を経て、現在までおよそ…

東南アジアにおけるイスラーム市場の発展――マレーシアを事例として――

対象とする問題の概要  21世紀以降マレーシアではハラール認証制度の普及やムスリム消費者層の中流化が起こり、イスラーム市場というものが変容している。イスラーム市場というものは、ハラールマークだけでは語ることができないものである。しかし、現在…

小笠原諸島において気候変動の影響をうけるアオウミガメの保全と利用

研究全体の概要  小笠原諸島は気候変動の影響を受けやすいアオウミガメの世界的な産卵地として知られている。そしてまた、アオウミガメの保全と食利用が同時におこなわれている珍しい地域である。しかしながら、アオウミガメの保全と食利用についての包括的…

社会のイスラーム化と政治の脱イスラーム化 /新設モスクにおけるイスラーム団体の覇権

対象とする問題の概要  私が対象とするインドネシアはムスリムが人口の88%を占める。1970年代以降、敬虔なムスリムが増加していると言われている。一方で、1998年の民主化以後の選挙結果を見ると、イスラーム系の得票率は増加傾向にない。むしろ…

現代イスラーム世界における伝統的相互扶助制度の再興と新展開――マレーシアのワクフ制度に注目して――

研究全体の概要  本研究は、ワクフ制度と呼ばれるイスラーム世界独自の財産寄進制度に焦点を当て、その再興が見られるマレーシアに着目し、その実態を解明することを目指す。 ワクフ制度とは、収益化できる財産を持つ者が、そこから得られる収益を特定の慈…

ナミビアにおける女性のライフコースの変遷――ジェンダー平等実現への取り組みに着目して――

対象とする問題の概要  本研究は、ナミビアにおける女性のライフコース[1]の変遷を、同国が実施しているジェンダー平等実現に向けた取り組みに着目して明らかにするものである。1990年に独立したナミビアでは、憲法第10条で性別によるあらゆる差別…