京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

インドにおけるトイレとケガレ観念に関する研究

現在全国展開しているSKAのSTOP KILLING US運動

対象とする問題の概要

 インドでは野外排泄が社会問題となっている。野外排泄が続く要因として、経済的要因、政治的要因、社会的要因など様々な要因が考えられるが、トイレを「ケガレたもの」として忌み、避けるためトイレの使用を拒むことも、野外排泄を行う要因の一つと考えられている(Coffey & Spears, 2017)。本研究では、トイレのケガレ観念と密接に関係する清掃カースト研究から概観することで、インドにおいてトイレのケガレ観がどのように作用し人々の行動に現れているのか明らかにすることを目指す。

研究目的

 清掃カーストとは、清掃労働(道路・家屋の清掃、排水路・下水道の清掃、便所清掃、病棟清掃、ゴミの回収 や運搬、動物の死体の運搬・処理)を伝統的な職業として行ってきたカースト集団の人々であり、ヒンドゥー教の浄・不浄観念で最も不浄とされている清掃労働に従事してきたため、不可触民の中でも社会的に最下層に位置づけられている(鈴木、2015)。本調査では、屎尿処理労働を撤廃し、清掃カーストの尊厳と回復を目標として活動するNGO団体、Safai Karmachari Andolan(以下SKA)のデリーとテランガーナ州ハイデラバード市にある事務所を訪問し、聞き取り調査や資料収集を行った。SKAの活動に密着し、現在トイレのケガレ観がどのような問題を引き起こしているのかを明らかにすることで、トイレのケガレ観念について考察していく。

SKAのハイデラバード事務所

フィールドワークから得られた知見について

 今回の調査で特記すべき点は二つある。
 一つ目は、インドの変化である。SKAやインドの公衆衛生の研究者、都市開発を行う人々にトイレや清掃カーストに関する聞き取り調査をした際、インフラ整備により水洗トイレが導入され乾式トイレや野外排泄が減ったこと、トイレで排泄をする習慣ができ野外排泄が減ったことなど、多くの人々の語りから物質的・意識的な変化の強調を感じた。またその変化に伴い、SKAの主な課題も、従来の乾式トイレ撤廃や乾式トイレの清掃人への権利保障から下水道の清掃人の権利保障へと変化していた。下水道を手作業で掃除することは法律で禁止されているが、現在も清掃中に毒ガスを吸って亡くなる事件は続いている。2022年9月にデリーで下水道の毒ガスが原因で清掃人が亡くなる事件が起き、私もSKAのスタッフと共に亡くなった清掃人の家族を訪問した。SKAは今後、雇用側の違法行為を司法に訴え、残された家族の生活を保障するようだ。以上のように、トイレに関する物質的・意識的変化と共にSKAの課題も変化しており、インドの変化が見て取れた。
 二つ目は、変化していない部分である。下水道清掃者は毒ガスで意識を失っても早急に対処すれば助かる可能性がある。だが、誰も汚いから助けたがらないのだという。様々な側面が変化してもなお、排泄に関連するケガレは何かかしらの形で否定的な観念として続いており、結局のところ、SKAの問題の変化も問題が形を変えて現れているだけのようにも思われる。つまり、表面的な部分は変化しても、トイレに関する何からの否定的なケガレ意識は存続しているように感じた。

反省と今後の展開

 トイレや清掃人に関する問題はケガレ観だけでは説明できない、多くの要因が複雑に重なり合って問題が生じている。その他の要因についても研究を進めるにあたって調べる必要がある。また、今回の調査では、インドのトイレや清掃カーストの問題改善のために活動している人々に聞き取きを行っており、その意見には偏りがみられる。一方で当事者である清掃カーストの人々と話す機会を多く設けることができなかった。そのため、今回得られた人脈を活かして調査の幅を広げていくことで、トイレのケガレ研究を進めていく。

参考文献

 鈴木真弥. 2015.『現代インドのカーストと不可触民』慶應義塾大学出版会.
 Coffey, D. & Spears, D. 2017. Where India goes: abandoned toilets, stunted development and the costs of caste. Noida: HarperCollins Publishers India.

  • レポート:神﨑 成実(2022年入学)
  • 派遣先国:インド
  • 渡航期間:2022年8月8日から2022年9月19日
  • キーワード:清掃カースト、トイレ、ケガレ

関連するフィールドワーク・レポート

2019年度 成果出版

2019年度のフィールドワーク・レポートを出版いたしました。『臨地 2019』PDF版をご希望の方は支援室までお問い合わせください。『創発 2019』PDF版は下記のリンクよりダウンロードできます。 書名『臨地 2019』院⽣海外臨地調査報…

ケニアにおける博物館事業の展開とその矛盾――国民性と民族性のはざまで――

対象とする問題の概要  ケニア史を彩る国民的英雄たちについて展示する国立博物館が、ケニア共和国ナイロビ県ランガタ地区ウフルガーデンにおいて竣工し、展示場の一般公開を間近に控えている。関係者が「ヒロイズム・ミュージアム」と呼ぶ当館は、ケニア国…

小規模農家の集団的エンパワーメント/ケニアにおける契約農業の事例から

対象とする問題の概要   ケニアでは、国民の7割が農業に従事している。一方で、農業に適した土地は全国土の2割程度に限られている。近年の人口増加に鑑みると、より多くの人々が小規模な農業適地で農業を行ないつつあると言える。また、ケニア…

カメルーン熱帯雨林の狩猟と精神的影響ー宮崎県串間市のイノシシ猟の事例ー

研究全体の概要  カメルーン熱帯雨林に住むバカピグミーは狩猟採集を営む人々である。彼らにとって狩猟という行為は生活の手段としてだけでなく個々人の精神世界や文化形成において欠くことのできない要素として認識できる。近年では定住化や貨幣経済の影響…