京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

ジャカルタにおける都市住民の洪水対策における隣組(RT)・町内会(RW)の役割

堤防が建設されたカンプンムラユ地区

対象とする問題の概要

 世界的に都市災害が増加、激化する中、災害時の被害軽減のためには構造物対策だけでなく行政と連携した地域コミュニティレベルの防災活動が重要であると言われている[辻本2006]。ジャカルタで顕著な都市災害としては洪水が挙げられ、その頻度や規模は2000年代以降激化しており社会問題となっている。ジャカルタには行政と密接に関わり、住民統制組織、相互扶助組織として機能してきた地域コミュニティであるRT/RWが存在している。それらは頻発する洪水に対するレジリエンス強化のための主要なアクターであると考えられ、それに関する実証研究を行うことは防災・地域づくりの観点から重要である。

研究目的

 博士予備論文ではジャカルタの住民組織である隣組(RT)町内会(RW)における洪水対策を比較することで、防災コミュニティとしてのRT/RWの有効性と現状の問題点を明らかにしたいと考えている。また地域コミュニティの形成において、RT/RWという官製の住民組織がどのような役割を果たしているのかを明らかにしたいと考えている。今回はそのためにインドネシア語の習得とジャカルタにおける洪水対策を含むRT/RW単位の活動についての聞き取り、かつそれらの活動への参与観察による情報収集を目的としている。

独立記念イベント

フィールドワークから得られた知見について

 東ジャカルタ市のチリウン川沿いに位置するカンポンムラユ地区は、2015年にジャカルタ州政府の洪水対策の一環として河岸集落の強制立ち退きが行われた地区である。当該地区は洪水頻発地区であり、洪水対策の調査地として適していると考え調査を行った。以前の河岸集落跡地には新たに幅10mの道路、堤防、堤防内の内水氾濫防止用のポンプ小屋が設置されている。これらができたことにより洪水の頻度は減ったが、現在でも洪水が発生することはあるという。強制立ち退きの対象者は地区内にある集合住宅へ移住している。河岸集落の強制立ち退きと集合住宅への移住に関しては従前居住地区との関係や仕事の喪失が問題視されているが[Nurul et al. 2018]、カンポンムラユ地区は地区内の集合住宅に移住したこともあり、現在でも地区内で店を開くなどの形で関係を保っている事例も見受けられた。
 また集合住宅への移住に関しては、コミュニティの喪失も問題視されてきた[Nurul et al. 2018]。洪水対策を総合的に考える上で、立ち退きと移住は避けては通れないものであり、立ち退き先となる集合住宅においてRT/RWが果たす役割を調査したいと考え、RT/RWが存在する東ジャカルタ市の州営集合住宅でも調査を行った。調査を行った集合住宅は2003年に完成したものである。集合住宅におけるRT/RWの役割を調査するため、RT/RWが関わる3つの行事(RT長選挙、イドゥルアドハ[1]、独立記念行事)に参加した。RT長選挙はRT内の住民が集まってご飯を食べながら終始和やかな雰囲気で行われていた。イドゥルアドハの行事は、集合住宅内のモスクの委員会が中心となって行われた。独立記念行事は8月12日から8月26日のおよそ2週間かけて行われた。企画運営はRTの住民で組織された青年会によるもので、RT内の住民同士で競い合う競技や地域内を仮装して練り歩くカーニバル等が行われ、RT/RW内の親交を深める機会となっていた。


[1] イスラームの2大祭の1つ。犠牲祭とも呼ばれ、動物の供犠を行う。

反省と今後の展開

 反省点としては、アンケート等を用いた定量的な調査はできなかったことだ。次回調査を行う際は、参与観察だけではなく、定量的な調査方法を用いた地域の把握を試みたい。また、密集住宅地においてRT/RWの行事には直接参加できず、集合住宅と密集住宅地の比較ができていなかったことも課題として残っている。
 今後の方針としては、公営集合住宅におけるRT/RWのあり方と密集住宅地におけるRT/RWのあり方を比較していくことで、空間的な環境が異なる両者における住民組織の役割の連続性と非連続性を明らかにしたい。そうすることで、さまざまな形態が存在する都市居住において、RT/RWという共通の住民組織がどのように地域の特性に適応し、どのような役割を果たすのかを、洪水対策という枠にとらわれず多角的に検討していきたい。

参考文献

 辻本哲郎. 2006. 豪雨・洪水災害の減災に向けて ソフト対策とハード対策の一体化. 技報堂出版.
 Nurul Wd. 2018. The Dilemma of Relocation Community in Rusunawa at Jakarta. International Journal of Scientific Research And Education. 6.

  • レポート:清池 祥野(2022年入学)
  • 派遣先国:インドネシア共和国
  • 渡航期間:2023年1月7日から2023年10月1日
  • キーワード:ジャカルタ、RT、RW、洪水対策

関連するフィールドワーク・レポート

インドネシアの伝統的薬草療法ジャムウが地域社会で果たす役割について/健康増進・疾病予防・女性のライフイベントサポートの観点から

対象とする問題の概要  近年インドネシアは、急速な経済発展と生活様式の変化に伴い、生活習慣病や高齢化による慢性疾患が増加している。これらの疾患は、西洋医学だけで即座に根治しないため、先進国では、補完・代替療法(マッサージ・薬草等)を導入する…

2017年度 成果出版

2017年度のフィールドワーク・レポートを編集いたしました。PDF版公開を停止しています。ご希望の方は支援室までお問い合わせ下さい。 書名『臨地 2017』院⽣海外臨地調査報告書 発⾏者京都⼤学⼤学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属次世代…

霊長類研究者とトラッカーの相互行為分析/DRコンゴ・類人猿ボノボの野外研究拠点の事例

対象とする問題の概要  本研究の関心の対象はフィールド霊長類学者の長期野外研究拠点における研究者と地域住民の対面的相互行為である。調査地であるコンゴ民主共和国・ワンバ(Wamba)村周辺地域は類人猿ボノボの生息域である。1970年代から日本…

ボツワナ北部における人と動物の関係性について /オカバンゴデルタを巡る、人と動物と資源の関係

対象とする問題の概要  ボツワナ共和国北部に位置するオカバンゴデルタは、世界最大の内陸デルタである。ここには、豊かな水資源を巡って多様な植物資源、そして野生動物が生息しており、ボツワナの観光資源としても重要視されている。しかし近年、世界では…

ミャンマーの茶園地域における持続的植生管理及び植物利用に関する研究/ミャンマー・タイ・ラオス茶園地域概査

対象とする問題の概要  ミャンマーの森林は減少・劣化の一途をたどっており、特に森林減少・劣化が激しい地域における森林保全対策の検討が喫緊の課題となっている。本研究では、下記の点に着目し、保全対策立案にむけて課題に取り組む。 1. 特に森林減…

アフリカ地域における企業労働文化について/モザンビーク共和国の製造業を事例に

対象とする問題の概要  近年アフリカ諸国は高い経済成長率を記録してきたが、その多くが天候や国際価格の変動の影響を受けやすい一次産品に依存したものであり、産業の多角化は進んでいない。モザンビークも1992年の内戦終結以降、諸外国からの投資によ…