京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

ヒマーラヤ地域における遊びと生業――Sermathang村を事例に――

写真1 ツンギ(輪ゴムを束ねたボールのようなもの)を蹴って遊ぶ子ども

対象とする問題の概要

 私がフィールドとするヒマーラヤ地域は、「世界の尾根」とも呼ばれるヒマーラヤ山脈の影響を様々に受けている。そしてもちろん、そこに暮らす人々にも、気候や経済活動などの面で影響は及び、ヒマーラヤ地域には独自の文化や産業がある。
 その中でも特に遊びと生業に着目し、ヒマーラヤ地域に暮らす子どもたちが遊びそのものや遊び空間をどう捉えているのかを明らかにしていきたい。
 遊びや娯楽は人の人生を豊かにする要素であり、ある面では人間の楽しむ力や競争心などが表れる本能的な営みである。地域や世代を超えて共通する普遍性がある一方、何でどう遊んでいるかはそれぞれに異なり、遊びをどのように捉えているかに社会や文化圏、個人の価値観が現れていると考える。経済的利益を目的とする点で遊びとは異なる、生業との関係性も踏まえて、ヒマーラヤ地域の遊びについて考察していく。

研究目的

 本研究の目的は、ヒマーラヤ地域において遊びがどのように捉えられているのかを明らかにするために、参与観察とインタビューを通じて遊びの実態を把握することである。

写真2 大人を手伝って薪を取りに行く子どもたち。 仕事というよりはピクニック気分なのか、楽しそうに盛り上がっている。

フィールドワークから得られた知見について

 首都カトマンズでは、オーガニック食品を販売している方にインタビューを行った。ヒマーラヤの高山地帯では、冬虫夏草が採集され、質の良い冬虫夏草は高値で取引される。そのため、収穫時期には学校が休みになって子どもたちも収穫に駆り出されるという。そのため、子どもたちの生活自体に冬虫夏草採集が大きな影響を与えていると思いインタビューを行った。
 その結果、私の調査地のセルマタンの高標高エリアでも質はそこまで高くないものの冬虫夏草が採れ、子どもたちも採りに行くことがあることや、2019年から2020年にかけて、新型コロナウイルス流行の影響で冬虫夏草の価格が急落したにもかかわらず、政府からは例年と同じ額の採集許可料が徴収されたため、現地住民が得る収入は減少したということがわかった。
 調査地は、カトマンズから北東に60kmのセルマタンという高山地域である。ここでは、毎日学校に通って子どもたちと多くの時間を過ごすことで、遊びに限らず子どもたちの暮らしの実態を把握することに努めた。この地域では、子どもたちは皆学校に通っていたが、先生が不足していた。その原因は、薄給と気候の厳しさ(寒い)のために先生が来たがらないからだった。また、生徒のうち4割が外国人スポンサーからの経済的支援を受けて学校に通っていた。セルマタンは7000m超えの山もある国立公園の中にあり、ハイシーズンにはトレッカーが数多く訪れる。彼らが子どもたちを支援しているとのことで、観光業が子どもたちの生活にも深く影響していると感じた。
 また、先生がいないので授業時間中に子どもたちが自由に遊んでいることがあった。フットボール、ツンギ(輪ゴムを束ねたボールのようなもの)、果実の採集、鬼ごっこ、チェス、焚き火など多種多様な遊びをしていた。日本でも見られるような普遍的な遊びもある一方、見るのも聞くのも初めての遊びも多くあり、一緒に遊んだり写真を撮ったりして遊びを収集し、分類した。

反省と今後の展開

 反省としては、語学力と計画性の不足が挙げられる。調査地では、子どもたちは英語を話せたので英語でコミュニケーションをとっていたが、英語があまり話せない高齢者の方にお話を聞く時は若者に通訳をお願いすることとなってしまった。子どもたちに対してもネパール語で話した方がより深いコミュニケーションが取れることには間違いないので、ネパール語のスピーキング力の向上が必要である。また、調査地に入る許可料や産業のシーズンについて事前のリサーチが不足しており、現地で予定を変更することになってしまった。今回で現地に知り合いも出来たので、今後は自身が日本にいても、彼らと連絡を取り合って事前準備をしっかりと行う。
 今後の展開としては、セルマタンに住むヒョルモの人々やヒマーラヤの気候・地理について文献を通じて知識を深め、引続きセルマタンをフィールドに環境/遊び/遊び仕事の関わり合いについて考察していく。

  • レポート:秋田 日和(2023年入学)
  • 派遣先国:ネパール
  • 渡航期間:2023年8月18日から2023年12月14日
  • キーワード:ヒマーラヤ地域、遊び、生業

関連するフィールドワーク・レポート

「物語」とは何か――『遠野物語』32話を主題とする芸術展の観察――

研究全体の概要  『遠野物語』の舞台である岩手県遠野市では、作中に登場する河童が赤いことが広く知られている。河童が赤い理由について、地域住民は、河童はかつて飢饉の時に口減らしのために川に捨てた赤子であるから赤いのだと語る。遠野郷土史研究を参…

カメルーンのンキ、ボンバベック国立公園におけるヒョウ及びその他食肉目の基礎生態調査

対象とする問題の概要  ヒョウ(Panthera pardus)やゴールデンキャット(Caracal aurata)といった食物ピラミッドの高次消費者である食肉目は、その生息密度が地域の他の動物種の生息密度に大きな影響を与えるという点で、生…

インド指定部族の社会移動への意識とその実践/タミル・ナードゥ州指定部族パニヤーンを事例に

対象とする問題の概要  これまでインド政府は貧困問題を解決するために様々な政策を実施してきた。その成果はある程度認められるものの、依然として多くの貧困層を抱えており、貧困削減はインド社会において重大な社会問題として位置づけられている。なかで…

違法路上市と公共空間利用による根源的ストリート化――あいりん地区の泥棒市を事例に――

研究全体の概要  本研究の目的は、歴史的な開放性と現代的な閉鎖性がせめぎ合う路上空間における公共空間の利用と「根源的ストリート化」の動態を明らかにすることである。そこで、大阪市西成区のあいりん地区で行われている「泥棒市」を事例に、西成特区構…

ケニアのMara Conservancyにおける 住民参加型保全の取り組みについて

研究全体の概要  近年、アフリカにおける野生生物保全の現場では、自然環境だけでなくその周辺に住む人々を巻き込み、両者の共存を目指す「住民参加型保全」というボトムアップ型の保全活動が注目されている。本研究のフィールドであるMara Conse…

小規模農家の集団的エンパワーメント/ケニアにおける契約農業の事例から

対象とする問題の概要   ケニアでは、国民の7割が農業に従事している。一方で、農業に適した土地は全国土の2割程度に限られている。近年の人口増加に鑑みると、より多くの人々が小規模な農業適地で農業を行ないつつあると言える。また、ケニア…