京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

Economic Impacts of Cooperatives on Rubber Smallholders in Thailand: A Case Study in Bung Kan Province

Members delivering cup-lump to the rubber cooperative.

Research Background

 To increase rubber prices for rubber smallholders through improved rubber quality, the Government of Thailand established smallholders’ cooperatives in the 1990s and provided grants for smokehouses and other facilities for processing latex into ribbed smoked sheets (RSS) via unsmoked sheets (USS).
 Angthong and Fujita (2019) found that the cooperatives in South Thailand accomplished their goal as members obtained higher rubber prices owing to higher income/profit per unit area.
 In contrast, rubber smallholders in Northeast Thailand did not receive government grants for establishing smokehouses, and as a result, they mainly produce cup-lump and sell it through their cooperatives. What is the role of the cooperatives in such circumstances, and how can they compete with private-sector enterprises in that area?

Research Purpose

 To investigate 1) the current status of members and non-members in Northeast Thailand, and 2) the limitations/challenges faced by non-members in participating in the cooperatives in this area.

Non-members selling cup-lump at a private rubber shop.

Results

 Cooperative members are younger and more educated than non-members. Approximately 70% of rubber smallholders had rubber-planted land of less than 20 rai (3.2 ha). There appear to be differences in tapped rubber land between members (14.2 rai= 2.3 ha) and non-members (15.1 rai= 2.4 ha), but with no statistical significance.
 Regarding rubber products, both members and non-members sold only cup-lump. However, through an auction system and quality control at the cooperative, members enjoyed significantly higher unit prices (29.8 baht/kg.) than non-members (27.5 baht/kg.). Consequently, members’ income (7,738.4 baht/rai) and profit (2,167.1 baht/rai) per unit area were significantly higher than that of non-members (6,328 baht/rai for income and 1,086.1 baht/rai for profit). Moreover, although the cooperatives in Northeast Thailand do not face constraints on increasing the number of members as they have no capacity limitation for rubber auctions, many rubber smallholders are reluctant to join because the cooperative organizes rubber auctions only twice a month. Rubber smallholders who need immediate cash prefer to sell their rubber to private traders who buy rubber every day.

Plans for Further Research

 I have almost finished collecting the necessary data through field work for my doctoral thesis. I will begin writing the thesis by the next academic year. Meanwhile, I will also submit part of the thesis to some academic journals.

References

【1】Angthong, S. and K. Fujita. 2019. Can Cooperatives Improve the Incomes of Rubber Smallholders in Thailand? A Case Study in Chumphon Province. Asian and African Area Studies, 18(2): 135-156.

  • レポート:Suttipong Angthong(Year of enrollment: AY2016)
  • 派遣先国:Thailand
  • 渡航期間:August 2nd, 2019 to September 29th, 2019
  • キーワード:rubber smallholders, rubber smallholders’ cooperatives, rubber production

関連するフィールドワーク・レポート

「物語」とは何か――『遠野物語』32話を主題とする芸術展の観察――

研究全体の概要  『遠野物語』の舞台である岩手県遠野市では、作中に登場する河童が赤いことが広く知られている。河童が赤い理由について、地域住民は、河童はかつて飢饉の時に口減らしのために川に捨てた赤子であるから赤いのだと語る。遠野郷土史研究を参…

カメルーンのンキ、ボンバベック国立公園におけるヒョウ及びその他食肉目の基礎生態調査

対象とする問題の概要  ヒョウ(Panthera pardus)やゴールデンキャット(Caracal aurata)といった食物ピラミッドの高次消費者である食肉目は、その生息密度が地域の他の動物種の生息密度に大きな影響を与えるという点で、生…

マレーシアにおけるイスラーム型ソーシャルビジネス――その社会的起業の実態と傾向――

対象とする問題の概要  本研究の対象は、東南アジアで活発化しているイスラーム型ソーシャルビジネスである。特に今年度はマレーシアに注目して研究を進める。マレーシアでは、10年程前から社会的起業への関心が高まっている。2014年には社会的起業を…

ブータン農村における教育の実態と課題

対象とする問題の概要  ヒマラヤ地域に位置する山岳国家・ブータンは、GNH(国民総幸福)というユニークな政策指針を掲げ、経済成長と文化保全や自然保護、福祉の充実などのバランスを重視した、国土の均衡ある発展を目指している。しかし、近年は農村か…

山形県朝日町における自然資源管理と超自然的存在 ――中東・イスラーム世界との比較に向けて――

研究全体の概要  本研究は、山形県朝日町O地区における神池A沼と地域住民との間の宗教的な関係性を明らかにしたうえで、O地区集落民の生業である農業と、観光資源としてのA沼の浮島の共的な維持管理において、信仰や超自然的な存在がどのように機能して…

タンザニアの熱帯雨林におけるアグロフォレストリーの動態/アマニ地域における持続的な木材生産に着目して

対象とする問題の概要  タンザニア東北部に位置する東ウサンバラ山の東斜面(以下、アマニ地域)では、豊富な雨を利用して屋敷地がアグロフォレストリーとして利用されている。20世紀初頭、ドイツ植民地政府はアマニ地域に広大な樹木園を開き、世界各地の…