京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

アフリカ同時代美術とその表象:コンゴ人芸術家の美術活動に着目して/アール・ポピュレールの地域的表象

Ohoider tom村のサシの印。現地ではanyaman janurkuningと呼ばれる。

対象とする問題の概要

 アフリカ現代美術は,『大地の魔術師』展(89年パリ・ポンピドゥセンター)を契機として欧米のアートワールドで大きく扱われるようになった。「黒人美術」「原始美術」における「原初」性「神秘」性のみの称揚といった批判に対応し,『大地の魔術師』は,まさに「我々と同じ時代に生きるアフリカ人の作品」を展示する画期的な試みだった。キュレーターA.マニャンにより「発見」されたシェリ・サンバを始めとするキンシャサ出身の独学の路上画家たち―彼らは自分たちの制作をアール・ポピュレール(大衆芸術)と自称した―はその後の「アフリカ現代美術ブーム」において、一躍スターとなった。しかしこの展示及びそれ以降の「ブーム」は,独学の芸術家ばかりクローズアップしたことで新たな批判を浴びる。西洋的な美術教育を受けない者が・本能的に・独特の感性で制作する―「純粋なアフリカらしさ」の称揚には,依然アフリカへの偏見がひそんでいる,と。

研究目的

 パリでの新たな「アフリカ美術ブーム」。その渦中のアクターと出会い,その動き方と様々な側面を体感できた。同時代の美術には同時代のグローバル化した世界が反映されている,すなわち,実に多極的に展開していて,誰がどの極に属しているかは,国籍や芸術的ステータスとは相関があまりない。「地域の視点」と「ヨーロッパの視点」と言う時,近代のシステム(従属論が描いたような)を前提として美術を大きく捉えようという頭の中を,一度作り直したほうが良いと感じた。

Ohoider tom村内の境界。村民は全員カトリックである。

フィールドワークから得られた知見について

アール・ポピュレール
 絵の路上販売の実態,美術としての「発見」以降、絵描きたちが徐々に路上から姿を消したこと,が聞き取れた。「アール・ポピュレールはもう終わった」と言う人さえいた。彼らが国際的認知を得るに従い,キンシャサのアカデミックな人々の間で「職人から芸術家」へ認識が変遷したらしいことも確認できた。
展示表象
 「コンゴの美」展に対抗し,それが語り逃した表象を語ろうという展示の試みが相次いでいる。地域の文脈に結び付けて語ったCongo Art WorkをSammy Balogiらがベルギー等で開催。EddyEketeらは、2018年ドイツにてコンゴの美術展を開催する予定であるという。コンゴ国内で「アートマーケット」を作ろうという動きもある。EddyEketeは、毎年7月にKinActというパフォーマンスアートの祭典を路上で開催する。またパリのAngaliaギャラリーは,コンゴ国内のカウンターパートギャラリーと協同し,芸術家を発見・育成。SammyBalojiはルブンバシに美術館を設立した。また国内には画商・ギャラリーが増えつつある。
・そもそも現代美術においては,デジタル技術の登場や手段の多様化により,「アカデミック」な美術教育の意味が小さくなっている。「ファインアート」の境界も揺らいでいる。同時に作品を展示し売り飾るインフラが実に多様である。

反省と今後の展開

 先行研究によれば,植民地期から,コンゴの都市部では路上の絵描きの絵を部屋や飲食店に飾っていた。それは,鑑賞よりそれを契機とした会話の促進が目的・タイムリーな話題等を描き・一時的に消費され・「作者」の概念も曖昧であるという点で,「絵画」とは異なる,エンタメとアートとデザインの間の何かであった。「アール・ポピュレール」はそうした「絵」の活動から出てきた。そして今も,EddyEketeは「アートであるとは認識せずに,人々はパフォーマンスをキンシャサのそこら中でやっている。そのギャップにKinActで橋を架けたい」と言う。「捉えようによっては芸術と言えるもの」と日々接するキンシャサのアーティストに,「アール・ポピュレール」の発見はどう映っているのかを調べていきたい。
 最後にこの「アート」の境界の不思議な広がりは,日本の近代以降現在に続く状況にもまさに当てはまり,その説明にも関わるものだと感じる。

  • レポート:中村融子(平成29年入学)
  • 派遣先国:フランス・ベルギー
  • キーワード:美術,美術館,表象,インフラストラクチャー,コンゴ民主共和国

関連するフィールドワーク・レポート

自然の守り人たち /ブータン王国・タシガン県の聖地をめぐる環境保護実践の人類学的研究

対象とする問題の概要  本研究は、ブータン王国タシガン県における神霊信仰とその聖域を対象としている。この土着信仰的要素を大いに含む神霊信仰は、儀礼や寺院を重要な媒介としながら、ブータンに限らずヒマーラヤ地域およびチベット仏教圏に広がっている…

スリランカにおけるインド・タミル人清掃労働者の研究/差別に抗するマイノリティの日常実践

対象とする問題の概要  インド・タミルはスリランカに居住するタミル人のうち、英植民地時代に南インドから移住した特定のカースト集団をルーツにもつ者を指す。そして、その多くが紅茶等のエステート(=プランテーション)労働者であることからエステート…

インドネシア・リアウ州における泥炭火災の特徴とその発生要因の解明

対象とする問題の概要  インドネシアでは泥炭地で起きる「泥炭火災」が深刻な問題となっている。泥炭火災とは、泥炭地で起きる火災である。泥炭地は湿地内で倒木した木が水中でほぼ分解されず、そのまま土壌に蓄えられた土地であり、大量の有機物が蓄えられ…

モザンビーク北部ニアサ州における住民の取水と水利用 /水の選択に影響を及ぼす要因

対象とする問題の概要  世界で安全な水にアクセスできない人の二人に一人がサハラ以南アフリカに住む。2030年までに全ての人々が安全な水にアクセスできるというSDGsの目標達成のためには、サハラ以南アフリカにおける水不足の解決は重要課題である…

カメルーン熱帯雨林の狩猟と精神的影響ー宮崎県串間市のイノシシ猟の事例ー

研究全体の概要  カメルーン熱帯雨林に住むバカピグミーは狩猟採集を営む人々である。彼らにとって狩猟という行為は生活の手段としてだけでなく個々人の精神世界や文化形成において欠くことのできない要素として認識できる。近年では定住化や貨幣経済の影響…

沖縄における座り込みの起源と広がり

研究全体の概要  本研究は、沖縄における社会運動の抗議レパートリーの様体:特にその起源と広がりを明らかにするものである。社会運動研究における抗議レパートリーとは、抗議に用いられる手段のセットであり、座り込みやシュプレヒコール、プラカードの持…