京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

マレーシアにおけるイスラーム型ソーシャルビジネス――その社会的起業の実態と傾向――

Malaysian Global Innovation & Creativity Centreのオフィスがある建物

対象とする問題の概要

 本研究の対象は、東南アジアで活発化しているイスラーム型ソーシャルビジネスである。
特にマレーシアに注目して研究を進める。マレーシアでは、10年程前から社会的起業への関心が高まっている。2014年には社会的起業を促進・支援するための機関が政府により設立され、2015年時点で国内に100以上のソーシャルビジネスが存在している。特に教育、貧困、環境保全、雇用などの分野に関する企業が多く見られる。関連する先行研究としては、起業家の社会的責任とイスラーム的な要素の関連性について述べられたものがあるが、量的調査を行っているものが多く、個々の企業について具体的に言及したものは少ない。また、単独の企業について触れているものであっても、イスラーム的な観点からの考察はあまり見られない。したがって本研究では、イスラーム的な観点から起業家の意識に着目し、それがビジネス活動においてどのように表れているのか調査・考察を行う。

研究目的

 本研究は、マレーシアのイスラーム型ソーシャルビジネスに着目し、そのイスラーム的 独自性と社会経済的役割を明らかにすることを目指すものである。本研究では、イスラー ム的な観点から起業家の意識に着目し、それがビジネスでどのように表れているのかという点について、文献調査と聞き取り調査を通して考察を行う。聞き取り調査では、社会起業家を主な対象とする。起業動機やビジネスモデルについて聞くとともに、起業家達を支援する機関やサービスの現状を明らかにする。また社会課題に対する問題意識の持ち方やビジネスに対する考え方において、イスラームの教えがどう関係しているのか分析を行う。本研究を行うことで、ビジネスにおける営利と非営利の境界とは何かを明確化することができる。またイスラーム的独自性を非イスラーム圏にも還元できるか考え、様々な状況における社会的起業を円滑に行うために何が必要とされているのかを明らかにしたい。

MIHAS(Malaysia International Halal Showcase)会場

フィールドワークから得られた知見について

 今回のフィールドワークでは、二つの企業に対して聞き取り調査を行った。一つ目は「Athena Holdings」という会社で、洗濯して繰り返し使える生理用品の販売と、女性の教育活動や起業家支援活動を行っている。二つ目は「REZKILAH」という会社で、イスラーム金融に関連するオンライン教育プラットフォームを運営している。聞き取り調査では、起業の背景やビジネスモデルの他、社会起業家に対し「自身の行動に影響を与えたイスラームの教えがあるか」といった起業家の精神とイスラームとの関連について質問した。
 聞き取り調査から得られた知見として、本研究のテーマであるイスラーム的独自性がいくつかの点に見られた。まず、社会課題に対する認識の仕方である。「Athena Holdings」では、布ナプキンの販売により、環境問題へのアプローチや貧困層の女性の生活改善を目指している。これに加え、起業家が布ナプキンを販売しようと考えた経緯には、クルアーンにおける女性や月経についての言及が関係していた。また「REZKILAH」では、解決すべき社会課題として金銭に関わる犯罪や経済格差などを掲げており、これらの問題が起こる原因はイスラーム的に正しい資産運用ができていないからだと考えている。このように、社会課題を捉える際にイスラーム的な視点が関与しているという点は独自性の一つであると考えられる。加えて、ビジネスを行う上での意識に関しても、商人であった預言者ムハンマドの生き方を模範としているという点が特徴的であった。更に、起業家がムスリムであることや、イスラームに関連するコンテンツを提供しているということから、中東を始めとする他のイスラーム地域にもビジネスが拡大しているという事実も確認できた。
 その他、今回のフィールドワークでは、マレーシア政府が主導となっているソーシャルビジネスの推進事業に関して、政策が一定の効果をもたらしていたことが聞き取り調査から明らかになった。

反省と今後の展開

 今回の反省点は、起業家支援制度などについての実態調査が十分にできなかったことである。今回聞き取り調査をした起業家達は、どちらも比較的長い期間他の企業で働いた経験があった。そのため、起業に際しては自分の貯蓄から資金を出し、支援制度等の利用は特になかったということであった。起業家に対する支援制度や若い世代の起業家を取り巻く現状に関しては、起業家育成事業への参与観察といった調査を行うことで実態を明らかにできたのではないかと考える。一方で、今回は個々の企業に注目してビジネスモデルや起業家個人の意識を明らかにするという目標を立てており、この点に関しては論文での考察に繋がるような話を聞くことができたと思う。今後の展開としては、聞き取り調査の結果をもとに、イスラームの教えとビジネスや社会貢献といったトピックとの関係について整理し考察を進めていきたい。

  • レポート:藤島 妙(2022年入学)
  • 派遣先国:マレーシア
  • 渡航期間:2023年8月21日から2023年10月1日
  • キーワード:マレーシア、イスラーム、ソーシャルビジネス

関連するフィールドワーク・レポート

ナミビアにおける牧畜民ナマとその家畜との関係理解

対象とする問題の概要  ナミビアの南部には、「ナマ」という民族名で呼ばれている人々が多く生活している。彼/女らは少なくとも17世紀から現在のナミビア国内の広い範囲で牧畜を生業とする生活を送っていたが、主にドイツ統治期の植民地政策と南アフリカ…

世界遺産白川郷における現代相互扶助制度

研究全体の概要  近年、農村地域の都市化やグローバル化が急速に進み、相互扶助といった人々の共助は失われつつある。そもそも相互扶助という村落慣行は、世界各地の農村地域で古くから行われてきた労力交換や共同労働を指す。白川村荻町には「結」という言…

現代イスラーム世界における伝統的相互扶助制度の再興と新展開――マレーシアのワクフ制度に注目して――

対象とする問題の概要  本研究は、ワクフ制度と呼ばれるイスラーム世界独自の財産寄進制度に焦点を当て、その再興が見られるマレーシアに着目し、その実態の解明を目指す。 ワクフは、イスラーム独自の財産寄進制度であり、長きにわたりイスラーム世界の社…

ルサカ市周縁の未計画居住区における生活環境の糞便汚染実態の調査

対象とする問題の概要  下痢は世界における死因の中で最も重大なものの1つである。特にアフリカでは下痢は重大な問題で、2019年に世界で150万人の人が下痢が原因で亡くなっているが、その約3分の1となる49万6千人がアフリカで亡くなったと報告…

自然の守り人たち /ブータン王国・タシガン県の聖地をめぐる環境保護実践の人類学的研究

対象とする問題の概要  本研究は、ブータン王国タシガン県における神霊信仰とその聖域を対象としている。この土着信仰的要素を大いに含む神霊信仰は、儀礼や寺院を重要な媒介としながら、ブータンに限らずヒマーラヤ地域およびチベット仏教圏に広がっている…