京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 COSER Center for On-Site Education and Research 附属次世代型アジア・アフリカ教育研究センター
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科
フィールドワーク・レポート

ケニアにおける博物館事業の展開とその矛盾――国民性と民族性のはざまで――

ナイロビ博物館

対象とする問題の概要

 ケニア史を彩る国民的英雄たちについて展示する国立博物館が、ケニア共和国ナイロビ県ランガタ地区ウフルガーデンにおいて竣工し、展示場の一般公開を間近に控えている。関係者が「ヒロイズム・ミュージアム」と呼ぶ当館は、ケニア国民の中から、特定の人物を国民的英雄として選び出し、それらの人物の称えられるべき事蹟を部分的に取り上げて展示することを試みる。その試みは、ケニア国民としての誇らしさを来館者に感じさせ、国民意識を統一に向かわせる可能性を含む一方で、英雄たちの展示に対して来館者が英雄のアイデンティティや属性に偏りを見出したり反感を抱いたりした場合、民族的・地域的・政治的な対立感情を煽る危険性も内包している。博物館展示における国民性と民族性の表象の問題は、ケニアの「ヒロイズム・ミュージアム」だけのものではなく、歴史・国家・民族・政治などの人文社会科学系のテーマを扱う世界中の博物館が共有しうる重要な命題である。

研究目的

 ケニア最大の博物館組織「NMK(ケニア国立博物館:National Museums of Kenya)」もまた、博物館が展示を通じてケニア国民をいかにして表象するのが適切なのかという課題について、長年苦闘を繰り返して議論を重ねてきた。NMKは、ケニア全国にあるおよそ20もの博物館と数百もの遺跡・建造物を統括管理する国の機関であり、本部をナイロビ国立博物館の敷地内に置いている。筆者は、NMKの活動記録や「ヒロイズム・ミュージアム」開設事業についての関係書類にアクセスするため、NMKが有するアーカイブやレポジトリを訪れ、NMKの年次報告書などを収集する。そのほか、ケニアの博物館史を語るうえで欠かせない主要な博物館(ナイロビ国立博物館・ナイロビギャラリー・ケニア国立公文書館ギャラリー・アフリカンヘリテージハウス)などに足を運び、展示場やバックヤードを観察・記録し、NMKの現役職員や博物館関係者OBなどに対するインデプス・インタビューを実施する。調査結果をもとに、ケニアの博物館における国民性と民族性の表象のせめぎあいについて分析すること、ひいては博物館展示がケニア史やケニア国民のアイデンティティ形成に与えうる影響について考察することを主たる研究目的とする。

NMK本部

フィールドワークから得られた知見について

 ナイロビにある諸博物館での現地調査と文献資料調査で得られた情報はおおよそ以下の通りである。ナイロビ国立博物館は、欧州連合の「NMK支援プログラム(通称「ミュージアム・イン・チェンジ」プログラム)」による財政的・技術的支援を受けて、2005年から2008年に開館以来最大規模の拡張改修工事を実施した。これによって、現在は展示場面積を4300㎡にまで倍増させた。2008年には「人生のサイクル」、2010年には「ケニアの歴史」という人文社会科学系の展示が増設されたが、保存管理や展示の実態などについての批判が寄せられている。「人生のサイクル」ギャラリーは、植民地期の産物である国民の民族誌的な分類に依然として依拠し、夫々の「民族らしい」工芸品を連ねるような展示になっている。そのため、「ケニア国民らしい」ライフサイクルを示すというコンセプトが来館者に伝わりづらいと批判されている。「ケニアの歴史」ギャラリーは多くの学者によって包括的ではない国家の歴史の描き方だとして批判されてきた。1992年の多党制採用以後、選挙期間中にケニア国内での民族対立や地域対立が顕在化・激化しており、選挙をめぐる暴力が絶えず懸念されているような国家において、ケニアの複雑な国民性と民族性というトピックについて展示で語ることは様々な困難を伴うことが調査を通じて観察された。
 また、2010年、ケニアは新憲法を公布し、中央政府から47の県に権限・機能・資源が大幅に移譲された。地方分権化によって、いくつかの博物館は県の管轄下に置かれることになった。事実上、博物館のほとんどは依然としてNMKの管轄下にあるが、県への移管が指定された5館については、地方分権によって博物館や遺産の持続可能性が脅かされるおそれがあるとの指摘もある。例えば、県が遺産管理についての専門的な能力や開発のモチベーションを有さない場合もあり、一方で県内において有力な民族集団が自集団の仲間に先祖伝来の遺産を管理させて他のコミュニティから来た専門家を阻むような場合も想定される。博物館展示だけでなく運営の面でも、民族性が強調されることによって、ケニア国民のアイデンティティに分断がもたらされる可能性があると示唆された。

反省と今後の展開

 NMKの設立時から近年までの活動記録を追跡した今回の調査の結果は、ケニアにおける国立博物館群がNMKとともに歩んできたこれまでの道程と変遷を記録しケニア博物館概史を編もうとする筆者の試みに活かされるであろう。筆者は今後、ケニアの博物館史全体のなかで、NMKによる設立支援を受けている新設の博物館「ヒロイズム・ミュージアム」がどのような存在として文脈づけられるかを解き明かそうと考えている。近日中に予定されている一般公開が実現した場合、「ヒロイズム・ミュージアム」の展示場・アーカイブなどを視察して、これまで蓄積した他の国立博物館のデータと比較することも計画している。博物館のなかでケニアの国民性と民族性がせめぎあう現状に対して「ヒロイズム・ミュージアム」がいかなる展示・活動で対応を示していくかという点に注目していきたい。博物館研究という視座から、現代ケニアにおける国民性と民族性の問題について今後考察していく所存である。

  • レポート:横田 由真(2022年入学)
  • 派遣先国:ケニア共和国
  • 渡航期間:2023年8月6日から2023年10月25日
  • キーワード:博物館、NMK、国民性、民族性

関連するフィールドワーク・レポート

エチオピアにおける伝統的ダンスの継承と新たな表現の創造

対象とする問題の概要  アフリカにおいて、伝統的ダンス(以下、「ダンス」と表記)は結婚式、収穫祭などコミュニティにおける冠婚葬祭の重要な場面で演じられるとともに、コミュニケーションや娯楽のツールにもなっている。エチオピアの首都アディスアベバ…

口琴の表象と伝承――アイヌ民族のムックリが演奏され続けるということ――

研究全体の概要  口琴は、東南アジアを含むユーラシア大陸に広く分布している。非常に単純な構造だが、演奏の仕方によっては音が全く変わってしまうという奥の深い楽器である。モン族は恋愛の場で用い、ラフ族の口承の物語にも魅力的な楽器として登場してい…

ニジェールにおけるクルアーン学校の制度とイスラームを学ぶ子どもたち――ニアメ市のマカランタX校を事例に――

対象とする問題の概要  ニジェール共和国では95%以上の国民がムスリムであるため、人々はクルアーンを暗唱して、イスラームの知識を修得し、イスラームの知識にのっとった生活をすることで安定した社会を構築しようとしている。長らく、クルアーン学校に…

観光によって促進される地域文化資源の再構築と変容/バンカ・ブリトゥン州の事例から

対象とする問題の概要  私は現在、インドネシアのバンカ・ブリトゥン州に着目し、観光産業が現地の地域文化資源の再構築と変容に果たす役割を研究している。同州は18世紀以降世界的な錫産地であったが、近年は枯渇してきており、錫に代わる新たな産業のニ…

文学とアッタール/イランにおける近年のアッタール研究について

対象とする問題の概要  ドイツの国民作家ゲーテは『西東詩集』においてペルシアの文学作品の影響を受けたことを如実に表している詩を詠んだ。火に飛び込んで自らを燃やす蛾を恋人に例えるというペルシア文学において有名なモチーフを援用したのである。この…

ハンセン病コロニーにおける非ハンセン病罹患者の生存戦略――西ベンガルのハンセン病コロニーを事例に――

対象とする問題の概要  ハンセン病コロニーは、ハンセン病に罹患した患者が自分の家や村を追い出され、空き地に住処を作ることで形成された。当時彼らが物乞いのみで生計を立てていたことから、2000年代に入ってもインドのハンセン病研究はハンセン病差…